自然とともに暮らす

お金がない、アウトドアは したい。

サツマイモでタピオカを作ろう

とても久しぶりの更新となりましたが、本格的にネタがなくなってしまい何も書くことがない日常を数ヶ月送っておりました。

f:id:mist204:20191110224842j:plain

ハゼ釣りなら何度か行ったんだけどね。


本題に入りますが、皆さんタピオカってご存知でしょうか、最近(もう結構前からあったような気もするが)ではどこに行ってもタピオカ屋があるのが当たり前のようになっていてもう知らない人は珍しいのではないでしょうか。個人的には最近よく行くようになった秋葉原にもタピオカ屋ができて外国人が並んでいるのが印象的ですね(秋葉原に行くようになったことがネタ切れの最大の理由なんですが)。

秋葉原から離れた話題に入りますと、私の学校は特殊で一部の生徒は農業実習を受けているんですね。私もその一人なのですが、この前自分たちで植えたサツマイモを収穫するに至ったわけです。もちろん自分たちで育てたものなので持ち帰りになるわけですが、大抵農業実習などでは必要以上の量が手に入るじゃないですか。もちろんサツマイモも必要以上の量が手に入ったわけですよ。そこで消費に困ったわけです。

私のTwitterのフォローフォロワーには、五割が釣りアカウントで、残りの五割が野食系統のアカウントと、基本的にそういう系のツイートしか流れてこないわけですよ。そして都合の良いことに、少し前に芋類でタピオカを作っているツイートが流れていたのを記憶していたので、それにならってタピオカを作ろうということになったわけですね。

f:id:mist204:20191110230712j:plain

今回採れたサツマイモで一番大きかったものを使用します。それでも手動で擦り下ろすことを考えて八分の一くらいしか使いません。


タピオカの主成分はデンプン。ここが今回タピオカを作るにあたって前提となってくることです。デンプンは芋類などのデンプンを含む物質を細かく砕いた状態で水にさらせば出てくるので、その通りにサツマイモを水にさらしてみることにしました。

f:id:mist204:20191110230852j:plain

擦り下ろして

f:id:mist204:20191110230927j:plain

新品のタオルで包んで、水に抽出させます。


このままではデンプン以外の物質も混ざっているので、デンプンが水に溶けず沈殿することを利用して沈殿させて上澄を流す作業を何度か繰り返します。

f:id:mist204:20191110231201j:plain

透明度が高くなってきて、

f:id:mist204:20191110231235j:plain

底にデンプンとサツマイモのカスが残ります。

ここで私はカスを取り除くためにざるでこしましたが、沈殿にかかる時間が振り出しに戻るので最初の方にやるべきかも。

f:id:mist204:20191110231506j:plain

あとは丸型に整形して

f:id:mist204:20191110231537j:plain

タピオカの茹で方に習って茹でます。

f:id:mist204:20191110231650j:plain

完成。味もなく大きく粒を作りすぎたので中まで透明になりませんでしたが、食感は完全にタピオカのソレでした。未来を見た上で大成功と言って問題ないでしょう。

しかしまあ、労力に対して合わないので残りのサツマイモもタピオカにする気にならないし、どうしようかな。



とても久しぶりの投稿となったから口調変わったかも。

夏の風物詩を頂く。

いつも通りの暑い夏。近所の公園にて散歩をしていると道にセミが落ちているのが見えた。なんだセミ爆弾か。と思いちょっかいをかけようとしたが、その瞬間私の頭に食べるという選択肢が浮かんだ。

というのも、セミという昆虫は産まれてから死ぬまで、一生樹の樹液しか吸わないで生きているため不純物が少なく、昆虫食入門にぴったりな虫だそうだ。

という話を聞いていたため、生きている状態のが手に入ったら食べれるという思考が頭で生まれ、捕獲するに至った。入れる容器を買うために水を購入したので実質100円で購入したようなものなのだが。

f:id:mist204:20190815233824j:plain

その後も軽く探してみると、合計で三びきのセミを見つけることができた。もちろん死にかけて落ちていたものや羽が曲がって飛べないものたちばかりだが。写真で右下にいるのがミンミンゼミで、それ以外の二ひきがアブラゼミだ。ちなみにアブラゼミのうち一ぴきはオスだったようで、捕まえる時鳴かれて周りから変な目で見られないか怯えてしまった。


取って来たセミだが、食べるのは初めてなので何にしようか悩んだ。しかし、初めて食べるなら素材の味わいを知るべきだということでシンプルに素焼きにすることに。飛ばないようにするのと、口に残るらしいので羽をむしり取り、油はひかないでフライパンで炒る。少し分しか作らない時に活躍するのが卵焼き用フライパンだ。f:id:mist204:20190815234409j:plain

そして、羽を取ると意外と小さいことがわかる。

そして完成。

f:id:mist204:20190816222756j:plain

一番左がミンミンゼミで、残りの二匹がアブラゼミ

ついに身近な生き物を食べる段階まで来たのだが、この状態になっているセミを食べることは、味以外に躊躇う理由は無かった。

食べてびっくり、食感から味わいまでエビに近い味がするのだ。すんでいるところから食べているものまで違うのにどうしてここまで味が似るのかというほどエビに近かった。お尻の方は豆板醤などに入っている発酵したソラマメみたいな味わいもあったが、一匹丸のままで食べるならエビだと思って構わないほどのものだ。


そんなに乱獲するのも手間なので今年はもう食べることはないと思うが、来年は素材の味を活かしつつ料理と呼べるレベルのものを作るのと、部活の仲間を誘ってセミ実食会をやるという2つの目標ができた。次の日も同じ公園に行ったが、低いところに止まっている個体なら元気でも素手で捕まえられるので十匹くらいは手に入りそうだ。

f:id:mist204:20190816223608j:plain

夜になると幼虫も発見できたが、夜ではないといけないことを考えると食べることになるのは数年先になると思われる。


ということで、初めての自給昆虫食はセミになったのだが、捕まえる手間や味を考えても入門にはぴったりだと思わされた。ただ唯一問題があるとすれば雄を捕まえるとうるさく鳴かれるところくらいか。


2019ハゼ釣り開幕!!

雨の日も少なくなり、梅雨が開けようとしている頃、学業の方も夏休みに入ったことにより落ち着いて遊びに行けるようになりました。
ということで行ってきたぜハゼ釣り!!

f:id:mist204:20190724234325j:plain

場所はいつもの東大島、旧中川でのハゼ釣り。餌は錦糸町のキャスティングで購入したアオイソメ。まだ七月の中盤だというのに、大きい奴はそれなりのサイズになっていた。上の写真は去年売れ残ってしまったヒネハゼだと思われる。16センチと、四月ごろに若洲で釣れる産卵後の激やせハゼ(個人記録トップ)より小さいが、お腹が膨れていて肥えているからなのかこちらの方が大きく見える。

初めての浮き釣りによるハゼ釣りで、浮きの動きを見ているだけでも面白かったが、途中でろくでもない刺客が。

f:id:mist204:20190724235114j:plain

え、は?

f:id:mist204:20190724235144j:plain

できれば他のところで隠れていただきたい。


東京湾の毒魚として名高いアカエイである。ある程度の河川まで上ってくることは知っていたが、まさかこんなところにいるとは思わなかった。だって、荒川ロックゲートあるんですよ?ちなみにズーム無しでこの距離である。おそらく手を伸ばしていれば触れたであろう。まあ刺されて瀕死はいやなので手は伸ばさなかったのだが。というか毒針見えなかったけど切られてるのか?

二周ほど来たが幸いなことにすぐにどっかに行ってくれた。バレている状態で隠れるのは嫌だったようだ。一番幸いなのは近くにいた小学生集団とアカエイがマッチングしなかったことだが、、、

そんなこんなでハゼ釣りを楽しんでいると第二の刺客が。

f:id:mist204:20190724235825j:plain

普通に考えたら危険要素のないただの鷺だが、こいつ、ただ飛んできたように見せかけて釣ったハゼを狙っている詐欺師なのだ。正直、水中と陸上で完全に別れているアカエイより同じ陸上でマッチングすることになるこいつの方が厄介。

しかも大抵こういうのには餌をあげても人馴れするのでダメ、威嚇して追い払っても愛護的にダメ、と何をしても文句をつけられてしまうのだ。しかもこちらはアカエイと違って完全にこちらに用があって来ているのである。すぐには立ち去ってくれない。

30分程度で諦めたのか対岸に飛んで行ったが、あの感じは誰かの手によって餌付け済みだったので今度も気を付けなければならない。

いつもより刺客に邪魔され、釣りに没頭することはできなかったが30匹程度は釣れ、以前から作ってみたいと思っていた焼き干しを作る分も確保できた。まだしらすのようなサイズも多かったのであと数週でピークを迎えると思われる。

新木場 ~春の天ぷらセット~

今日も今日とて飽きることなく釣りに行った。場所はいつもの若洲海浜公園。今度から場所を奪われると困るので詳しい場所は教えないが釣り堤防にてちょい投げ釣りを行った。狙いはキス、メゴチ、ハゼ、、運が良ければイシモチなど。個人的に釣れる魚はコンプリートしたい人なので今まで釣ったことのないメゴチが釣りたい。

f:id:mist204:20190511205845j:plain

開始二投目、キスを釣り上げスタートは好調。

数投後、根掛かり、仕掛け針のみロスト。海中にゴミの残してしまったことは悔やまれるが現在貴重な天秤を失わなかったのは不幸中の幸い。

それから、

f:id:mist204:20190511210130j:plain二連キス

横に落としておいたイソメにかかったギンポ

いつものユウレイホヤ

今年からユウレイホヤに混じって釣れるようになったシロボヤ(下三つ写真なし)

などを釣り上げつつ、メゴチを狙うも、、

未だ メゴチ 0

さらには人が増えてきたことにより、投げるのにも集中力が求められるように、、さらには、隣に来た人が斜めに投げてくるという最悪の事態。綺麗にまっすぐ投げれてもお祭りしちゃうよ、、、

時間が10時40分くらいのことで、第二土曜日だったこともあり(若洲クリーンアップ作戦が11時からやっている)、やめるという決断に至った。釣果はキス四匹のギンポ一匹。メゴチは釣れなかったしすこし少ないが天ぷら一人分にはちょうどいい量かもしれない。

食べれる草などに興味のある私は、帰りの道中にイタドリの葉とヤブガラシの葉を少し頂戴して帰った。

そして完成したのがこれ。

f:id:mist204:20190511211348j:plain奥側の下に敷いてあるのがイタドリ、その上がヤブガラシ、魚は左から順にキス、ギンポの骨せんべいが手前

思っていたよりそれらしくなった。小麦粉以外全てが新木場で取れたものだ。だが問題なのは味。一応食べたことのあるものだけなのだが、魚以外は天ぷらでは食べたことがない。ヤブガラシは想像がつくが、イタドリの酸味がどうなるか、、、

とりあえずキスからいただく、魚は言わずもがな美味しい。特にギンポなど普段は見向きもされないが、江戸前天ぷら店では高級食材として扱われている。(今回釣れたのはダイナンギンポという種で似て非なるものだが)

問題の草達だ、ヤブガラシは前回お浸しにして食べた時より小さいものを採ってきたため、繊維が気になることもなく普通の山菜のような感じで食べることができた。

そしてイタドリ。意外にもイタドリの特徴でもある酸味は全くなく、お茶っ葉のような苦味が出ていた、これが葉の部分を使ったからなのか調理方法によるものなのかはわからないがイタドリの調理法で調べるとイタドリ茶とでてくるのもさもありなんと言ったところか。

キスなどの素のポテンシャルや、イタドリの予想外の味わいによって意外にも上手くできた新木場天ぷらセットだった。新木場には食べれるものが多くていいな。

ちなみに今回当然のように出てきたヤブガラシだが、大抵の草むらに生えていること、五つの葉が広がるというわかりやすい特徴があること、などで比較的簡単に手に入れることができる野草である。



若洲海釣り施設では毎月第2土曜日に若洲クリーンアップ作戦というゴミ拾いボランティアを行なっています。参加者のうち先着10名でレンタルセットを無料貸し出しできます。

*魚など今回登場した食材の全てが野生個体であり、獲りすぎることにより数が減ってしまうことがあります。特にギンポなどの根魚と呼ばれる魚は成長に時間がかかる上、見た目に反して可食部が少ないので小さな個体は逃がしてあげましょう。(キスなどは弱いため釣れたら食べてあげた方が良かったりします)



秩父日帰り旅行記

f:id:mist204:20190506232031j:plain


ゴールデンウィークもあと三日で終わる5月4日(もう最終日なんだけど)、私は秩父に日帰りで遊びに行くことになった。というのも、私は学業の芸術選択で美術を選択しているのだが、そこで描く自由画の題材として秩父で写真が撮りたいという友人について行ったのである。もちろん私が描くのは魚なのだが。

f:id:mist204:20190506214602j:plain

こいつ(イズカサゴか?)を描くぞ。


概要から説明すると、

・男子四人で朝から夕方まで

観光協会で自転車を借りて移動手段とする

・川や山などで自然の風景写真を撮る

ということになった。


そして当日。私の友人に遅刻癖のある奴がいるのだが、そいつがやらかした。集合時刻から一時間遅れて、今大阪にいると連絡。流石に帰る時間に間に合わないので、彼を除いた三人で秩父に行くこととなった。(彼秩父で写真撮るって言ってた一人なんだけどな)

三人は無事秩父に到着。しかしまた問題発生。ゴールデンウィークだったからか、秩父観光協会の貸自転車が全て借りられていたのである。幸運なことに、秩父駅から秩父鉄道で5.6駅の長瀞駅の貸自転車があったので、貸自転車料金一日千円に乗り捨て料金の五百円を追加して、秩父で乗り捨てることにした。

秩父鉄道にはSLが走ってたよ!


長瀞駅に着き、自転車を借りた観光案内所の観光マップを見ると、近くのに自然公園があり、大きな一枚岩があることがわかった。

他には自然の博物館などもあるようだ。

あいにく自転車を置ける場所が無かったため長瀞駅から歩いたが、それほど距離があるわけではないため、殆どの人が徒歩だった。

f:id:mist204:20190506220234j:plain

どうやら江東区江戸川区の間に出る荒川らしい

f:id:mist204:20190506220313j:plain

奥多摩のようだが地面が石ではなく大きな岩ばっかり

f:id:mist204:20190506220457j:plain

藤の花かな?いろんなところに生えていた


という風に自由画に使えそうな写真を撮り、長瀞を後に途中で昼食を食べながらも秩父へ登っていった。

役10キロを走り秩父に着いたが、西武秩父駅周辺には実は温泉や羊山公園くらいしかなくテレビで見るような山は奥秩父と呼ばれる場所に行かないといけない事に気付いた。とは言っても貸自転車の返却時間を考えると奥秩父には迎えなかったため羊山公園へ向かった。

羊山公園といえば芝桜なのだが(行くまで知らなかったけど)どうやら芝桜の生えている本園のような場所には入場料がかかるらしく、一人三百円を支払った。ちなみに中学生以下は無料らしい。

f:id:mist204:20190506221315j:plain

芝桜。一緒にスギナが生えてたしスギナと芝桜以外ほとんど生えてなかったんだがもしかして強い草?

f:id:mist204:20190506221449j:plain

出店の休憩所に生えてたタケノコ。

邪魔なら撤去しましょうか?←


という風に自転車に乗って写真を撮っただけの秩父旅行だったのだが、それなりに楽しかった。最後に私が言いたいのは、ゴールデンウィークはこわいということぐらいか。


秩父観光協会 レンタサイクル

http://www.chichibuji.gr.jp/experience/renta-cycle/

卍道草食ってみた卍

先日、釣りに行った帰りに見つけたこれ

f:id:mist204:20190428180141j:plain

イタドリという植物で、一週間ほど前に偶然本で見ていたため気付き、止まることができた。このイタドリ、高知県などでは普通に食べられていて野草としてもメジャーなものなのだが、様々な酸を含んでおりシュウ酸なども含まれているためアク抜きをしないで食べることはおススメされない。しかし私はとてつもない欲求の持ち主で、こんな道端に生えているイタドリでさえ食べてみたいと思ったのである。

ということで採取してきたのだが、もし違う草だったら大変なので現地で折ったところを啜り、イタドリの酸味があることを確認してから先の芽をもらってきた。ぶどうの皮のような酸味である。

f:id:mist204:20190428181201j:plain

持ち帰ったイタドリは、表面の皮をむきとり、茹でたりなどしたあと、水に一晩つけることによってアクを取るのだが、せっかちな私は茹でた後のをそのまま使うことにした。(写真上)

料理はシンプルに醤油で炒めただけ(写真下)単にどうすればいいかよくわからなかったというのもあるが。

f:id:mist204:20190428181617j:plain

味としては普通に食べれるもので美味しかったが、水にさらしていないからか少し酸味が残っていた。今度釣に行ったときはもう少し取ってきて試行錯誤してみよう。



いつもの釣り場からこんな近くにイタドリが生えているとは思わなかった、、、スギナ(ツクシ)やヨモギも大量に生えてたし完全に食物庫として機能できるな、、、

ワレカラは釣り餌になるか①※非定期

元号も変わる10連休GW、まさかの雨スタートとなったが、雨が降り、午後になっても、自宅から二時間かけて釣りに行く男がいた。私だ。

寒かったからなのか、30分しかなかったからなのか、 私の腕が悪いのか、なにも釣れなかったのだが、一つ気になったことがあった。

f:id:mist204:20190427213914j:plain

こいつである。

f:id:mist204:20190427214111j:plain

こいつ。この大きなものがユウレイホヤだと分かる時点で相当だが、この小さいものがワレカラだと分かるのはとてつもない力量の方なのではと思う(画質も含めて)

このワレカラ、釣り餌の赤虫とシャコ(カマキリ?)を足したような形をしているのだが、その形の通り?甲殻類である。

そこで私は考えたのである。甲殻類といえば、釣り餌に使われるオキアミと同じ仲間。釣り餌の仲間で、釣りをするその場所にいるのだから、とてつもなく釣れるに決まっている。そう思いワレカラを

①ユウレイホヤやイガイを引っかけ採取する

②袖4号などの小さい針につける

③釣る

の手順で餌として利用しようと考えた。

今回は針につけるまでで時間切れとなってしまったが、これからはワレカラが手に入る度に餌としての利用を試みていきたい。


帰りにこんな草が生えてたけど、、こいつは“あれ”では?

f:id:mist204:20190427215729j:plain